タグ別アーカイブ: パドック

競馬予想する準備編〜パドックとは〜

競馬予想準備編〜パドック〜とは-

パドックは、レースに出走する予定の馬が、競馬場内の決められたコース内を厩務員に引かれゆっくりと歩く場所で、馬券を購入するファンはパドックで馬の状態を確認することができます。

気合乗りやイレ込み具合をレース前に直接見られることから、競馬予想の参考にしている人は少なくありません。競馬専門チャンネルでも毎レース必ず放送されているため、契約さえしていれば競馬場にいなくても見ることができます。
確認する項目は人それぞれですが、馬体重、気合乗り、歩様、イレ込み具合、トモの筋肉、馬体の成長など多岐にわたります。

馬体重は調子のバロメーターの一つで、大きく変化していなければ問題無いとされています。10kg以上のプラス体重を嫌う場合もありますが、休養明けはむしろ馬体が増えているのが一般的で、成長分として歓迎されることもあります。

気合乗りは馬の走る気を見極めるもので、厩務員を引っ張るほど良いとされます。歩様は脚の可動域を示し、脚の出が悪い馬は一完歩の距離が短くなることから、必然的に加速してからの走るスピードが速いとは言えず、直線の長い距離は向いていないとされますが、反面小回りの競馬場では有利になることもあります。

イレ込み具合は馬の気性を如実に現します。1200メートルなどの短距離であれば問題ありませんが、中距離以上ではペースが遅くなるため、イレ込み癖のある馬は折り合いがつかずスタミナを消耗することから、買いづらい馬となります。
トモの筋肉は馬場の適性に関係し、力のいる馬場、例えばダート競走では力を必要とするため、トモの筋肉が力強い馬が好成績を残すと言われています。
馬体の成長は、キ甲の部分で判断することができます。