カテゴリー別アーカイブ: 未分類

競馬予想する準備編〜インブリードとアウトブリード

競馬予想準備編〜インブリードとアウトブリード〜とは-

馬券予想するときに一般的な判断基準となるのは、前走においてその馬がどれほどの距離を得意としているのか、そして乗る騎手の成績とこれまでのレースの流れといった形になります。しかし本当の競馬ファンはこれらの情報だけでなく、賭ける馬の血統から考えることによってある程度の予想を組み立てることができます。その血統において大事なキーワードがアウトブリードそしてインブリードの考え方です。

アウトブリードそしてインブリードとは何なのかというと、競走馬は活躍した繁殖牝馬と種牡馬が交配することによって生まれます。その繁殖牝馬と種牡馬が現在の形に形成されるまでの間に、どれだけ世代で同じ名前の伯父馬や叔母馬がいるかいないかという観点がアウトブリードそしてインブリードの考え方になります。アウトブリードは繁殖牝馬と種牡馬との血の流れの中に全く接点がない状態であり、その2頭から生まれる馬は全く別の新しい血の流れとして生まれます。アウトブリードの利点は仮に繁殖牝馬と種牡馬が両方とも短距離を得意とする馬であっても、その生まれた馬は全く新しい血の流れをくむので血の流れの中の一つがうまく結びつき短距離ではなく長距離を走る馬になるなど新しい可能性が生まれるということになります。

逆にインブリードとは何なのかというと、アウトブリードは血の接点が全くない状態を指しますがインブリードは逆に血の接点がいくつか交わるものがある配合のことを指します。インブリードを行うことによって血の接点が合う馬の特徴をそのまま引き継ぐ可能性があるので、マルチに活躍させたいのではなくその距離を主戦場とするスペシャリストを生み出したいときに使われます。どちらにも一長一短がありますが、このアウトブリードとインブリードの血の影響を知っていると馬券予想の手助けになります。

競馬予想する準備編〜血統とは?〜

競馬予想準備編〜血統とは?〜とは-

競馬を語る上で血統というのは欠かすことができないものであり、競馬は血統の歴史と言っても過言ではありません。
サラブレッドというのは人間が速い馬を作り出すために、能力の高い馬をかけ合わせていって作られたものであるだけに、競馬を語る上において血統を無視して語ることはできないのです。

このことから競馬というのは、ブラッドスポーツとも呼ばれているのです。
中央競馬で名を馳せた一流の種牡馬としてはノーザンテイストがあり、日本の競馬のレベルを大きく引き上げることとなりました。
ノーザンテイストは超一流の種牡馬であるノーザンダンサーの血を継いでいて、その血を日本にもたらすことに成功しました。

良血の馬が必ずしも一流の競走馬になるとは限りませんが、走る馬が出て着やすいことは間違いなくそれを求めて今まで多くの人たちが、競走馬の改良に心血を注いでいたのです。
それでは血統を予想に活かすことができるのかできるのかということですが、これはある程度参考にすることができます。
これは特定の条件になった時に血統によってはっきりと傾向が出ることがあり、長距離が得意な傾向にある、短距離が得意な傾向にあるといったものから、逆に長距離が苦手、短距離が苦手、道悪が苦手といったマイナス面の特徴を受け継ぐこともあるので実際にその条件で走ったことがない馬に対して、血統を参考にしてどのような走りをするのかある程度予想をすることができます。
もちろん、必ずしも親と同じような能力を遺伝するとは限りませんし、苦手とされる条件であっても能力によって克服することはありますが競馬において血統の壁というのは思いの外大きいので傾向を知っておくと馬券予想に役立ちます。

競馬予想する準備編〜中央競馬と地方競馬〜

競馬予想準備編〜中央競馬と地方競馬〜とは-

競馬予想をする時に知っておきたいこととして、中央競馬と地方競馬の違いがあります。
どちらも同じ競馬であり複数の馬が走って優勝を争うというのは違いはありませんので、その点は問題がないのですが違いを知らないと強いと思っていた馬が実はそれほどでもなかったということになりますし、逆に弱いと思っていた馬が圧倒的本命だったということもあるのでおさえておく必要があります。

基本的に中央と地方では主催者が違うだけなのですが、それ以外にもレースのレベルが大きく異なるものであり地方によっても競馬場によってそのレベルは変わってきます。
中央はその賞金の高さもあって全国から一流の馬が集うことになるのでレースレベルも高いのですが、地方は中央で走ることができないレベルの馬が集まる傾向にあるのでレースレベルに関しても低めになってしまう傾向があります。
また、中央は芝のレースが中心に対して地方は経費の少ないダートが中心という違いもあって、地方の馬が中央に挑戦をする時に馬場の違いに戸惑うということもあります。
逆に中央で凡走が続いている馬であっても地方に行けば、レベルの違いから圧勝劇を繰り広げるというのもよくある光景です。
それでは地方の馬は中央には全く太刀打ち出来ないのかというとそのようなことはなく、時折地方でも怪物級の馬が登場することはあり大井や船橋と言ったレベルの高い地方では中央の一流馬と互角に戦える馬が登場することもあります。
また、2歳馬に関してはホッカイドウ競馬のレベルが高く後に中央入りする馬も多数輩出していて、特にダートの2歳戦に関しては中央と互角あるいは中央以上になることもあるので一概に地方はレベルが低いということにはなりません。

競馬予想する準備編〜厩舎とは?〜

競馬予想準備編〜厩舎とは?〜とは-

厩舎は、馬の面倒を見る場所であり、馬を強くしレースで勝たせることをメインにしています。主に調教師が調教などの指示を行い、その指示を忠実にこなすのが調教助手、馬の世話をするのが厩務員、別途厩舎に所属する騎手というように多くの人たちが厩舎を支えています。調教師の中には、調教助手経験のある人が務めるケースや父親が調教師だった関係でその後を継ぐために勉強し、なんとか調教師になれたケース、馬が大好きで調教師になった人など様々です。調教助手の中には元騎手もたくさんおり、騎手をやめて調教師に転身する前にその勉強のために調教助手になるという人もいます。また、厩舎の手伝いをする騎手にも、その後、そこの調教助手、厩舎を継ぐ調教師になるケースもあるなど、つながりがかなり重視されることがあります。

競馬の予想において、この厩舎と騎手の関係は重要です。調教師の中には元騎手もおり、この騎手ならば確実に勝たせてくれると思ってどうしても勝ちたいときに乗せるというケースが存在します。いわゆる勝負気配が強いというもので、本気であることを匂わせ、その通りに勝つことも多々あります。こうした組み合わせは厩舎の数ほど存在するため、その組み合わせを見つけてはそこから勝負し、儲ける人も結構います。競馬専門の雑誌や本などで紹介されるまではなかなかわかりにくく、紹介されるまでに荒稼ぎし、あえて紹介し、別の組み合わせでまた荒稼ぎするという人もいます。

また、厩舎によって調教メニューが全く異なり、よく走るケース、そうでないケースと分けることができる場合があります。こうした見極めをしていくことも予想の上では大事であり、そこまでわかるようになれば予想の質もかなりアップすることとなります。