競馬予想する準備編〜血統とは?〜

競馬予想準備編〜血統とは?〜とは-

競馬を語る上で血統というのは欠かすことができないものであり、競馬は血統の歴史と言っても過言ではありません。
サラブレッドというのは人間が速い馬を作り出すために、能力の高い馬をかけ合わせていって作られたものであるだけに、競馬を語る上において血統を無視して語ることはできないのです。

このことから競馬というのは、ブラッドスポーツとも呼ばれているのです。
中央競馬で名を馳せた一流の種牡馬としてはノーザンテイストがあり、日本の競馬のレベルを大きく引き上げることとなりました。
ノーザンテイストは超一流の種牡馬であるノーザンダンサーの血を継いでいて、その血を日本にもたらすことに成功しました。

良血の馬が必ずしも一流の競走馬になるとは限りませんが、走る馬が出て着やすいことは間違いなくそれを求めて今まで多くの人たちが、競走馬の改良に心血を注いでいたのです。
それでは血統を予想に活かすことができるのかできるのかということですが、これはある程度参考にすることができます。
これは特定の条件になった時に血統によってはっきりと傾向が出ることがあり、長距離が得意な傾向にある、短距離が得意な傾向にあるといったものから、逆に長距離が苦手、短距離が苦手、道悪が苦手といったマイナス面の特徴を受け継ぐこともあるので実際にその条件で走ったことがない馬に対して、血統を参考にしてどのような走りをするのかある程度予想をすることができます。
もちろん、必ずしも親と同じような能力を遺伝するとは限りませんし、苦手とされる条件であっても能力によって克服することはありますが競馬において血統の壁というのは思いの外大きいので傾向を知っておくと馬券予想に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です