競馬予想する準備編〜厩舎とは?〜

競馬予想準備編〜厩舎とは?〜とは-

厩舎は、馬の面倒を見る場所であり、馬を強くしレースで勝たせることをメインにしています。主に調教師が調教などの指示を行い、その指示を忠実にこなすのが調教助手、馬の世話をするのが厩務員、別途厩舎に所属する騎手というように多くの人たちが厩舎を支えています。調教師の中には、調教助手経験のある人が務めるケースや父親が調教師だった関係でその後を継ぐために勉強し、なんとか調教師になれたケース、馬が大好きで調教師になった人など様々です。調教助手の中には元騎手もたくさんおり、騎手をやめて調教師に転身する前にその勉強のために調教助手になるという人もいます。また、厩舎の手伝いをする騎手にも、その後、そこの調教助手、厩舎を継ぐ調教師になるケースもあるなど、つながりがかなり重視されることがあります。

競馬の予想において、この厩舎と騎手の関係は重要です。調教師の中には元騎手もおり、この騎手ならば確実に勝たせてくれると思ってどうしても勝ちたいときに乗せるというケースが存在します。いわゆる勝負気配が強いというもので、本気であることを匂わせ、その通りに勝つことも多々あります。こうした組み合わせは厩舎の数ほど存在するため、その組み合わせを見つけてはそこから勝負し、儲ける人も結構います。競馬専門の雑誌や本などで紹介されるまではなかなかわかりにくく、紹介されるまでに荒稼ぎし、あえて紹介し、別の組み合わせでまた荒稼ぎするという人もいます。

また、厩舎によって調教メニューが全く異なり、よく走るケース、そうでないケースと分けることができる場合があります。こうした見極めをしていくことも予想の上では大事であり、そこまでわかるようになれば予想の質もかなりアップすることとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です