競馬予想する準備編〜インブリードとアウトブリード

競馬予想準備編〜インブリードとアウトブリード〜とは-

馬券予想するときに一般的な判断基準となるのは、前走においてその馬がどれほどの距離を得意としているのか、そして乗る騎手の成績とこれまでのレースの流れといった形になります。しかし本当の競馬ファンはこれらの情報だけでなく、賭ける馬の血統から考えることによってある程度の予想を組み立てることができます。その血統において大事なキーワードがアウトブリードそしてインブリードの考え方です。

アウトブリードそしてインブリードとは何なのかというと、競走馬は活躍した繁殖牝馬と種牡馬が交配することによって生まれます。その繁殖牝馬と種牡馬が現在の形に形成されるまでの間に、どれだけ世代で同じ名前の伯父馬や叔母馬がいるかいないかという観点がアウトブリードそしてインブリードの考え方になります。アウトブリードは繁殖牝馬と種牡馬との血の流れの中に全く接点がない状態であり、その2頭から生まれる馬は全く別の新しい血の流れとして生まれます。アウトブリードの利点は仮に繁殖牝馬と種牡馬が両方とも短距離を得意とする馬であっても、その生まれた馬は全く新しい血の流れをくむので血の流れの中の一つがうまく結びつき短距離ではなく長距離を走る馬になるなど新しい可能性が生まれるということになります。

逆にインブリードとは何なのかというと、アウトブリードは血の接点が全くない状態を指しますがインブリードは逆に血の接点がいくつか交わるものがある配合のことを指します。インブリードを行うことによって血の接点が合う馬の特徴をそのまま引き継ぐ可能性があるので、マルチに活躍させたいのではなくその距離を主戦場とするスペシャリストを生み出したいときに使われます。どちらにも一長一短がありますが、このアウトブリードとインブリードの血の影響を知っていると馬券予想の手助けになります。

競馬予想する準備編〜血統とは?〜

競馬予想準備編〜血統とは?〜とは-

競馬を語る上で血統というのは欠かすことができないものであり、競馬は血統の歴史と言っても過言ではありません。
サラブレッドというのは人間が速い馬を作り出すために、能力の高い馬をかけ合わせていって作られたものであるだけに、競馬を語る上において血統を無視して語ることはできないのです。

このことから競馬というのは、ブラッドスポーツとも呼ばれているのです。
中央競馬で名を馳せた一流の種牡馬としてはノーザンテイストがあり、日本の競馬のレベルを大きく引き上げることとなりました。
ノーザンテイストは超一流の種牡馬であるノーザンダンサーの血を継いでいて、その血を日本にもたらすことに成功しました。

良血の馬が必ずしも一流の競走馬になるとは限りませんが、走る馬が出て着やすいことは間違いなくそれを求めて今まで多くの人たちが、競走馬の改良に心血を注いでいたのです。
それでは血統を予想に活かすことができるのかできるのかということですが、これはある程度参考にすることができます。
これは特定の条件になった時に血統によってはっきりと傾向が出ることがあり、長距離が得意な傾向にある、短距離が得意な傾向にあるといったものから、逆に長距離が苦手、短距離が苦手、道悪が苦手といったマイナス面の特徴を受け継ぐこともあるので実際にその条件で走ったことがない馬に対して、血統を参考にしてどのような走りをするのかある程度予想をすることができます。
もちろん、必ずしも親と同じような能力を遺伝するとは限りませんし、苦手とされる条件であっても能力によって克服することはありますが競馬において血統の壁というのは思いの外大きいので傾向を知っておくと馬券予想に役立ちます。

競馬予想する準備編〜中央競馬と地方競馬〜

競馬予想準備編〜中央競馬と地方競馬〜とは-

競馬予想をする時に知っておきたいこととして、中央競馬と地方競馬の違いがあります。
どちらも同じ競馬であり複数の馬が走って優勝を争うというのは違いはありませんので、その点は問題がないのですが違いを知らないと強いと思っていた馬が実はそれほどでもなかったということになりますし、逆に弱いと思っていた馬が圧倒的本命だったということもあるのでおさえておく必要があります。

基本的に中央と地方では主催者が違うだけなのですが、それ以外にもレースのレベルが大きく異なるものであり地方によっても競馬場によってそのレベルは変わってきます。
中央はその賞金の高さもあって全国から一流の馬が集うことになるのでレースレベルも高いのですが、地方は中央で走ることができないレベルの馬が集まる傾向にあるのでレースレベルに関しても低めになってしまう傾向があります。
また、中央は芝のレースが中心に対して地方は経費の少ないダートが中心という違いもあって、地方の馬が中央に挑戦をする時に馬場の違いに戸惑うということもあります。
逆に中央で凡走が続いている馬であっても地方に行けば、レベルの違いから圧勝劇を繰り広げるというのもよくある光景です。
それでは地方の馬は中央には全く太刀打ち出来ないのかというとそのようなことはなく、時折地方でも怪物級の馬が登場することはあり大井や船橋と言ったレベルの高い地方では中央の一流馬と互角に戦える馬が登場することもあります。
また、2歳馬に関してはホッカイドウ競馬のレベルが高く後に中央入りする馬も多数輩出していて、特にダートの2歳戦に関しては中央と互角あるいは中央以上になることもあるので一概に地方はレベルが低いということにはなりません。

競馬予想する準備編〜サラブレッドとは?〜

競馬予想準備編〜サラブレッドとは?〜とは-

競馬を予想するためには馬のことについて詳しく知っておく必要があります。競走馬を分類する時にサラブレッドという言葉を使います。サラブレッドとは完全に品質改良されたものという意味で、原種はアラビア半島にいたアラブ種です。17世紀にアラブの牝馬がイギリスに輸入され、イギリスにいた馬と交配を繰り返して現在のようなスピードとスタミナを持つ種が誕生しました。300年以上交配を続けた結果、サラブレッドより早く走れる馬はいなくなりました。訓練を積んで競馬に出る程度になれば、最高速度は時速60km~70kmです。

陸上動物で最も速いとされるチーターは最高時速120kmです。120kmと比べると有能さが薄れると感じる人もいますが、チーターは瞬発的な速さです、サラブレッドは時速60km~70kmを比較的長い時間持続させられる部分に優位性を見出せます。小さい頭と細長い脚、神経質な性格ともろい一面もあります。特に脚はガラスの脚と言われ、速すぎるスピードに耐えられず怪我をすることも多いです。骨折が治らなければ安楽死処分になります。

交配の流れでアラブ系が入っていても、25%未満であればサラブレッドと分類されます。ただし人工的な受精が認められていないので、自然と交配することが決まりです。サラブレッドの中でも競馬で優秀な成績を残していると、交配させたがる人が増えるので、現役引退後に何億円もの価格で取引されます。アメリカやオーストラリア、日本で種馬や牝馬を育てています。サラブレッドと呼ばれる馬は全て、ダーレーアラビアンかゴドルフィンアラビアン、バイアリータークを祖先に持っています。1791年からは血統書が作られているので、不正はできません。

競馬予想する準備編〜厩舎とは?〜

競馬予想準備編〜厩舎とは?〜とは-

厩舎は、馬の面倒を見る場所であり、馬を強くしレースで勝たせることをメインにしています。主に調教師が調教などの指示を行い、その指示を忠実にこなすのが調教助手、馬の世話をするのが厩務員、別途厩舎に所属する騎手というように多くの人たちが厩舎を支えています。調教師の中には、調教助手経験のある人が務めるケースや父親が調教師だった関係でその後を継ぐために勉強し、なんとか調教師になれたケース、馬が大好きで調教師になった人など様々です。調教助手の中には元騎手もたくさんおり、騎手をやめて調教師に転身する前にその勉強のために調教助手になるという人もいます。また、厩舎の手伝いをする騎手にも、その後、そこの調教助手、厩舎を継ぐ調教師になるケースもあるなど、つながりがかなり重視されることがあります。

競馬の予想において、この厩舎と騎手の関係は重要です。調教師の中には元騎手もおり、この騎手ならば確実に勝たせてくれると思ってどうしても勝ちたいときに乗せるというケースが存在します。いわゆる勝負気配が強いというもので、本気であることを匂わせ、その通りに勝つことも多々あります。こうした組み合わせは厩舎の数ほど存在するため、その組み合わせを見つけてはそこから勝負し、儲ける人も結構います。競馬専門の雑誌や本などで紹介されるまではなかなかわかりにくく、紹介されるまでに荒稼ぎし、あえて紹介し、別の組み合わせでまた荒稼ぎするという人もいます。

また、厩舎によって調教メニューが全く異なり、よく走るケース、そうでないケースと分けることができる場合があります。こうした見極めをしていくことも予想の上では大事であり、そこまでわかるようになれば予想の質もかなりアップすることとなります。

競馬予想する準備編〜馬場状態とは?重要〜

競馬予想準備編〜馬場状態とは?〜とは-

競馬を予想するにあたって、馬場状態がとても重要な意味を成すことがあります。馬場状態とは芝やダートなどの状況を表しているもので、馬場に含まれる水分量で判断されます。日本の場合、馬場状態は4段階あり、良、やや重、重、不良と分けられています。芝で行われるレースの場合、良で行われたほうが時計も速く、馬に対する負担もそこまでかかりませんが、状態が悪化すると走るだけでパワーを要することになり、後々に負担も残ることになります。

一方、ダートの場合、走りやすさだけでいえば重ぐらいが走りやすいというのが言われています。これは重の場合、ダートが締まり、走りやすくなるためと言われています。時計だけで見れば重が一番速くなり、良の場合にはパワーを要することになります。ただ、芝はもちろん、ダートでも不良になるとかなり走りにくく、泥んこ馬場とも称され、走りにくさが強まってしまうのも事実です。

馬の中には芝の重馬場でやたらと走る馬、反対に全く走らない馬が存在します。有名なのはサクラホクトオーという馬です。兄がダービー馬ということや、朝日杯3歳ステークスを勝利するなど、クラシック戦線の馬を走っていましたが、雨の弥生賞、同じく雨の皐月賞を惨敗、良で行われた重賞は快勝と馬場状態で明暗が分かれることになりました。反対に雨だとやたら走る馬なども存在し、そのあたりも予想を大きく左右することになります。具体的には馬体重が大きい馬ほどパワーがあり、小さい馬は非力というものがあり、ダートなどでは馬体重の大きい馬が勝ち上がる傾向にあります。重馬場を苦にする馬か苦にしない馬かは馬体重や今までの戦績、血統などから判断する必要があります。

競馬予想準備編〜競馬予想とは-

競馬予想をする上で様々な情報を集めることが勝利への近道になります。しかし、その情報をどこで手に入れるか?競馬新聞なのか?競馬予想サイトなのか?競馬好きの知人なのか?情報を得る場所は様々です。ですが競馬予想初心者は競馬予想サイト口コミで選ばれたサイトの無料情報を使うことが勝利への近道といえます。ここでは多数の口コミで選ばれた日本屈指の競馬予想サイトを紹介していますね。

競馬予想する準備編〜レースの種類〜

競馬予想準備編〜レースの種類〜とは-

競馬のレースには芝のレースとダートのレースがあります。地方競馬場の場合は一部の競馬場を除いてダートしかありません。しかしJRAの競馬場には芝コースとダートコースがあります。

従って予想をする場合も出走馬が芝かダートのどちらに適性があるのかといったことも見極めなければなりません。ある程度実績を積んだ馬が出走してくるレースならば予想も用意ですが、未勝利戦など、未知数の馬が多数出走してくる場合は予想も難解なものになります。

また、レースの種類として考えていかなければならないのが施行される距離です。競走馬には各馬それぞれに適性距離というものがあります。短距離にめっぽう強い馬もいれば、長距離のスタミナを要するレースで強みを発揮する馬もいます。JRAの競馬場の場合、コース形態も非常にバラエティに富んでいます。

カーブのきついコースや坂のあるコース、芝の深いコース、新潟のように直線だけのレースがあるコースなど様々です。こういったコース形態の違いは競走馬にいろんな変化ももたらします。苦手なコースで大敗した馬が、次走で自分の得意なコースに変わって一変した走りを見せるケースも珍しくありません。

ただし、こういったケースは馬券を買うファンの盲点になるため、しばしば穴馬券を演出します。こういった現象も馬券の魅力の一つで、それを先読みして高配当を的中したファンなどは非常に気持ちのよい思いをするのです。競馬を毎週観戦していると、このようにレースにもいろんな種類があるのだということがわかってきます。分かってくれば競馬の奥の深さも分かり、さらにいろんな切り口で馬券を購入して見たくもなるものです。馬券の切り口は無数にあるのです。

競馬予想する準備編〜調教コースの重要性〜

競馬予想準備編〜調教コースの重要性〜とは-

競馬新聞などでは馬柱や調教師のコメントなどの他に、大きなスペースを割くデータがあります。それが調教です。その馬がどのような調教を重ねてレースに出てきたのか、競馬ファンはそのデータを見ながら予想をしていくことになりますが、どの調教コースで調教が行われたのかも大きなファクターとなります。調教コースがあるのは、茨城県の美浦村にある美浦トレーニングセンター、滋賀県の栗東市にある栗東トレーニングセンターで、いずれかのトレーニングセンターで日々調教を行います。

調教コースにはいくつか種類があり、坂路、芝、ダート、ウッドチップ、ポリトラックなどがあります。この中で代表的なものは坂路とウッドチップです。坂路はコースが坂になっており、そこを走らせることで馬にパワーや瞬発力がつくようになります。このコースを速いタイムで走れる馬はレースでも走ることが言われており、ここのタイムが良ければ無条件で買うという人もいるほどです。次にウッドチップです。

ウッドチップは木のクズなどが敷き詰められており、馬の脚への負担が少ないことが言われています。主に競馬を覚えさせるため、別の馬と一緒に走らせる併走、併せ馬を行って、勝負根性や反応などを見ることになります。芝やダートなどもこうしたコースが存在し、その上で走らせることになります。ポリトラックはここ10年で登場したもので、全天候型の調教コースとして天候の影響を受けにくい調教コースとなっています。

坂のある競馬場、短距離レースなどでは坂路主体の調教を、スタミナを要する距離ではトラック追い、もしくは坂路との併用追いが好走しやすいと言われており、調教メニューに絞った予想方法も存在します。

競馬予想する準備編〜調教とは〜

競馬予想準備編〜調教〜とは-

調教というのはレースで勝つための調整をするものであり、競馬予想をする際に非常に重要なものとなります。
調教の結果が直接レースに結びつくわけではありませんが、調整に失敗をするとどれだけ強い馬であってもレースで惨敗をしてしまう事があるだけにおさえておきたいポイントとなります。

人間であれば試合に向けて自らの頭で考えて調整をすることができますが、馬の場合にはそれができないだけに人間が代わりに馬を調教してレースに向けて調整をすることになります。

しかし、いくら人間が手をかけても馬がその意図を理解するとは限りませんから、思うように動かなかったりすると本番になって凡走をしてしまう可能性があるので調教での動きはレースでの走りに影響をしてくるだけに予想には欠かすことができません。
ただし、何を持って調教が良い悪いとするかはその馬の個性による部分があるので、タイムが良いから良い悪いから悪いとは簡単には行きません。

調教ではあまり走らないのにレースになると走る馬というのもいますし、その逆に調教ではよく走るのに本番となると走らなくなってしまうという馬も少なくありません。

そのため、それぞれの馬の状態の良し悪しを判断するためには前後の比較というのも重要なものとなり、レースで好走した時にどのように調整されていたのか、逆に凡走したときには調整ミスが有ったのかといったことを確認しておきそれでは今回のレースではどのようなパターンになるのかということを考えることがポイントなります。

前後の比較をすれば本当に調子がいいのか、実力を発揮することができそうかということを知ることができるので前後の比較をしながら調教を読み解いてみましょう。

競馬予想する準備編〜パドックとは〜

競馬予想準備編〜パドック〜とは-

パドックは、レースに出走する予定の馬が、競馬場内の決められたコース内を厩務員に引かれゆっくりと歩く場所で、馬券を購入するファンはパドックで馬の状態を確認することができます。

気合乗りやイレ込み具合をレース前に直接見られることから、競馬予想の参考にしている人は少なくありません。競馬専門チャンネルでも毎レース必ず放送されているため、契約さえしていれば競馬場にいなくても見ることができます。
確認する項目は人それぞれですが、馬体重、気合乗り、歩様、イレ込み具合、トモの筋肉、馬体の成長など多岐にわたります。

馬体重は調子のバロメーターの一つで、大きく変化していなければ問題無いとされています。10kg以上のプラス体重を嫌う場合もありますが、休養明けはむしろ馬体が増えているのが一般的で、成長分として歓迎されることもあります。

気合乗りは馬の走る気を見極めるもので、厩務員を引っ張るほど良いとされます。歩様は脚の可動域を示し、脚の出が悪い馬は一完歩の距離が短くなることから、必然的に加速してからの走るスピードが速いとは言えず、直線の長い距離は向いていないとされますが、反面小回りの競馬場では有利になることもあります。

イレ込み具合は馬の気性を如実に現します。1200メートルなどの短距離であれば問題ありませんが、中距離以上ではペースが遅くなるため、イレ込み癖のある馬は折り合いがつかずスタミナを消耗することから、買いづらい馬となります。
トモの筋肉は馬場の適性に関係し、力のいる馬場、例えばダート競走では力を必要とするため、トモの筋肉が力強い馬が好成績を残すと言われています。
馬体の成長は、キ甲の部分で判断することができます。